『ソーラー女子は電気代0円で生活してます!』ってのを読んだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読んだ本

読書と行ってもマンガだけど。

書名:ソーラー女子は電気代0円で生活してます!
著者:フジイチカコ、(漫画:東園子)
発行年:2017年1月26日
発行者:川金正法
発行:株式会社KADOKAWA
ISBNなし。

感想

結論から言うと、頭が狂ってるのかと思った。

最初の方はソーラー発電に興味がある人向けで良いかと思った。
全体の1/4くらいまではソーラー発電に興味が湧いてくると思う。

1/4過ぎたあたりで電気契約をやめるが、この辺りで違和感がでてきた。
ベランダで発電とか、知り合いがインターホンならしても出てこないから何度も扉を叩いたって描写のところで、戸建てじゃない疑惑が出てくる。
というか、戸建てならベランダにパネル置いて発電なんかせず、屋根に載せるはず。
と言うわけで、ベランダがある建物であることが予想できる。
つまりはアパートか団地かマンション。

マンションの場合ベランダは共有部なので、ソーラーパネル設置には首をひねるしかない。
どのみちベランダは避難経路だから余計な物は設置すべきでない。
すぐに取り外せるのかもしれないが、ケーブル類が天井側か床側を這っているのは想像に難くない。

1/2あたりのところで第二種電気工事士の資格を取得していたが、資格有り無しにかかわらず、火災の危険が上がる一般的で無いことを他の住人がいる集合住宅で行うのはやめた方が良いと思う。

1/2過ぎたあたりでソーラークッカーで料理始めるが、これもベランダに設置している。
ベランダに熱源があるのはどうなんだろうか?
何か飛んできて火事になったらこの人はどうするんだろうか?
1時間くらい日に当てると調理されるって書いてあるので、たぶん1時間放置してるんだと思うが・・・。

また、壁を漆喰に自分で塗り替えてた。
団地やアパートではできなさそうなので、購入済みのマンションだろうか?
許可があれば問題無いが、この人許可とってなさそう・・・。

そのあと熱中症で倒れたようだが、クーラー使ってない部屋では熱中症にならなかったがクーラー効いた部屋で熱中症になったって描写でエアコンの不要感を出しているんだと思う。
が、適切にクーラー使っているところで熱中症になるのはあり得ない。
「クーラーの効いたカフェで珈琲飲みながら数時間」と描写があるので、珈琲1杯で水分も取らずに粘ったのか?と勘ぐってしまう。
おしゃべりに夢中だったのでは?と。

そのあと、打ち水を長時間継続して行う方法を考案し、「打ち水は温度を2度くらい下げる効果があるそう」と書いていた。
WBGT指数を知らないとしか思えない。
湿度が高ければ気温25度でもWBGT指数28度(厳重警戒)になる。
日本の夏で25度を超えないところってあるんだろうか?北海道とか?
北海道に住んでいてそこは2重サッシだったって描写があるからそこは北海道では無いと思うが・・・?
この人思い込みで感じた(と思い込んでいること)をなんの検証も無く体験談として(思い込みだけど)書いてない?

その後、季節は巡って冬になるが、冬は寒いのでキャンドルパワーヒーターとかいうのを使うと暖かいと書いてあった。
ろうそくに植木鉢をかぶせる簡単な構造が魅力のようだ。
寒ければ火というのは理解できるが、現代日本人は火の扱いが上手くないと思っているので、火事になる前にやめた方が良いと思う。
仏壇の蝋燭ですら火事になるのに、暖をとるための蝋燭なんて燃えないわけが無い。
寒いからって毛布を掛けたり(節約!)している気がする。
火種があれば燃え広がるのはすぐだろう。

夜はLEDで仕事するようだ。
ミシンを使って、LEDで手元だけ照らして。
目が悪くなるのでは?
今は良さそうだが、5年後10年後に節約した金以上の医療費がかかるんじゃないだろうか?

最後の方に妄想ということで「ソーラー女子発電所構想(妄想)」っていうのが載っていた。
共同住宅の上にソーラーパネルがあり、みんながそれで充電するような世界のようだ。
それは良いが、雨が続いたりすると不便なので「毎日充電済みバッテリーを牛乳配達みたいに届けてくれる」っていうサービスが妄想されており、非常に気持ち悪かった。
電気代より人件費の方が高いのは想像に難くない。
そして、天気が悪くて充電できなかった時とかに便利なサービスなので、この充電には電力会社が発電した電気を使っていると思われるので、本末転倒である。
というか、配達分の人件費やら時間やらを使っている分悪化している。
何も考えずに電気を電力会社から買った方が良い。
余計な時間も人件費もかならず、火災リスクも減らせる。言うことなしだと思う。

建物全部の屋根にソーラーパネルが設置される世界がお望みの様だが、その程度でまかなえる電力では社会は立ちゆかない。
その程度で良いなら火力発電所も原子力発電所も無くなってると思う。

後半になればなるほど気持ち悪い漫画だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください