Web開発で必要な言語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webアプリを作成するのに使用する言語についてまとめる。

Webアプリはフロントエンドとバックエンドに分かれるが、フロントエンド/バックエンドのどちらでも必要なものもあるので、その3分類で考える。

CSSやJavaScriptの下にインデントされて書いてあるのはフレームワークの名前である。

どちらでも必要は全部、フロントエンド/バックエンドからはどれか1つが分かればWebアプリを作成できるはず。(DBやメールなどの技術は含まない)

どちらでも必要

  1. HTML
  2. CSS
    以下CSSフレームワーク

    1. BootStrap
    2. Foundation
    3. UIKit
    4. Bulma
    5. Semantic UI
    6. TailWind
    7. Materialize
    8. new.css
    9. MVP.css
    10. Skelton
    11. Milligram
    12. Base
    13. Mini.css
    14. Pure
    15. INK
    16. Responsive Boilerplate Framework
    17. Scheme
    18. MUELLER GRID SYSTEM
    19. Toast
    20. Bootflat
    21. Material UI
    22. cardinal
    23. HTML KickStart
    24. AUI
    25. SkyBlue CSS
    26. Basscss
    27. Cascade Framerowk
    28. KNACSS
    29. Concise CSS
    30. Furtive
    31. Kube CSS Framerwok
    32. Layers CSS

フロントエンド

  1. JavaScript(ECMAScript)
    1. jQuery
    2. Vue.js
    3. AngularJS
    4. React.js
    5. Next.js
  2. TypeScript

バックエンド

  1. PHP
    1. Laravel
    2. CakePHP
    3. Symfony
    4. Zend Framework
  2. Python
    1. Django
    2. Flask
    3. FastAPI
    4. Bottle
    5. Tornado
  3. C# / VB
    1. MVC5
  4. Ruby
    1. Ruby on Rails
    2. Sinatra
    3. Cuba microframework
  5. Java
    1. Sprint Boot
    2. Apache Struts
    3. Play Framework
  6. Go
    1. Gin
    2. Revel
  7. Perl
    1. Mojolicios
    2. Dancer
    3. Catalyst
    4. Amon2
  8. Node.js
    1. AdonisJs
    2. Express.js
    3. Hapi.js
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください