2021年 4月 の投稿一覧

Windows10 に PyCharm Community で Flask の 開発環境 を構築する

Windows10 Flask の開発をするための開発環境構築の手順を紹介する。

使用するものは以下の通り

      • Windows10(日本語)のパソコン1
      • python本体
      • JetBrains社製IDE PyCharm Community

Windows10PCはセットアップ済みという前提で進める。

ソフトウェアのダウンロード

python本体のダウンロード

      1. Windows installer (64-bit)をクリックしてダウンロードする。

JetBrains社製IDE PyCharm Communityのダウンロード

      1. JetBrainsWebページ(https://www.jetbrains.com/ja-jp/pycharm/download/#section=windows)にアクセスする。
      2. Communityのダウンロードをクリックしてダウンロードする。

ソフトウェアのインストール

pythonのインストール

      1. ダウンロードした「python-3.9.4-amd64.exe」を実行する。
      2. 以下画像にある「★★ここに書いてあるパスを何かにメモする。」を行う。

      1. Install Nowをクリックする。
      2. セキュリティ警告が表示される場合は許可する。
      3. Setup was successfulと表示されたらCloseで閉じる

JetBrains社製IDE PyCharm Communityのインストール

      1. ダウンロードした「pycharm-community-2021.1.exe」を実行する。
      2. セキュリティ警告が表示される場合は許可する。
      3. Nextで次へ

      1. Nextで次へ

      1. Nextで次へ

      1. Install

      1. Run PyCharm Community Editionにチェックを入れ、Fisishiをクリックする。

      1. I confirm that I have read and accept the terms of this User Agreementにチェックを入れ、Continueをクリックする。

      1. Do not imports settingsを選択し、OKをクリックする。

Flask開発を行う

      1. PyCharm Communityを起動する。(手順通りなら起動しているはず)
      2. New Projectをクリックする。

      1. Locationにプログラムができるので、分かり安いところを指定する。(日本語は使わないこと。全角文字も使わないこと。)
        Base interpreter
        には、pythonインストール時にメモしたパス+python.exeが入っているはずだが、入っていなかったら修正すること。

      1. Tip of the Dayが表示されたらCloseで終了させる。
      2. 以下の様な画面が表示される。

      1. 左上メニューの「File -> Settings」をクリックする。

      1. 左側の「Plugins」をクリックし、上にある検索欄で「japanese」と入力する。
        Japanese Language Pack / 日本語言語パック が表示されるので、Installをクリックする。

      1. InstallRestart IDEに変わるので、Restart IDEをクリックする。

      1. Restart PyCharm to apply changes in plugins?が表示されるので、Restartをクリックする。

      1. Code With Meの表示が邪魔な場合は「了解」をクリックして消す。
      2. 左側に表示されている「main.py」を左クリックしてから、Deleteボタンを押す。
      3. ファイル“main.py”を削除しますか?と表示されるので、OKをクリックする。

      1. 人によって名前が違うと思うが、プロジェクトウィンドウのフォルダ名部分を右クリックし、表示されたメニューの「新規 -> pythonファイル」をクリックする。

      1. 新規Pythonファイルウィンドウが表示されるので、名前部分に「app」と入力し、Enterを押す。

      1. app.pyが作成され、表示される。

      1. エディタ部分に移動する。

      1. 以下のコードを入力する。

 

 

      1. 上メニューにあるプルダウンメニューを開く。

      1. 実行構成の編集をクリックする。

      1. スクリプトパス:を先ほど作成したapp.pyに変更し、OKを押す。

      1. 先ほどまでmainと表示されていた部分が、appに変わる。

      1. ウィンドウの下にあるターミナルをクリックする。

      1. 入力できる様になるので、「pip install flask」と入力しEnterを押す。

      1. Flaskがインストールされる。
      2. 右上にある虫マークをクリックする。

      1. デバッグウィンドウが表示され、以下のように「Running on http://127.0.0.1:5000/ (Press CTRL+C to quit)」と表示される。

以上で開発環境の構築は完了。

なお、PyCharm ProfessionalFlask(Web)開発をサポートしていて、もっと簡単に構築できる上に、Jinja2のサポートなども含まれる。

がっつりPythonWeb開発をする場合は購入を検討しても良いと思う。

(FlaskだけでなくDjangoPyramidもサポートされている)

FIREで想定する年数は?

一般的にFIREで想定する年数は平均寿命までである。

アメリカなら70歳前後、日本なら80歳前後のことだ。

30歳でアーリーリタイアするなら、日本の場合50年を想定する。

この80歳というのは男女によって異なるし、時期によっても異なるので、実際に使うべき寿命を調べた。

日本の平均寿命

以下の資料によると、令和元年の平均寿命は表の通りとなる。

[https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life19/dl/life19-02.pdf](令和元年の簡易生命表)

表:0歳時点の平均余命(令和元年、平成30)(単位:歳)

令和元年 81.41 87.45
平成30年 81.25 87.32

同じ資料にある以下を見ると、だんだん平均寿命が延びているのが分かる。

最近は男女差が減少傾向であるが、女性の方が長生きであるのに変わりない。

表:平均寿命の年次推移

和暦 男女差
昭和22 50.06 53.96 3.90
25-27 59.57 62.97 3.40
30 63.6 67.75 4.15
35 65.32 70.19 4.87
40 67.74 72.92 5.18
45 69.31 74.66 5.35
50 71.73 76.89 5.16
55 73.35 78.76 5.41
60 74.78 80.48 5.70
平成2 75.92 81.9 5.98
7 76.38 82.85 6.47
12 77.72 84.6 6.88
17 78.56 85.52 6.96
22 79.55 86.3 6.75
27 80.75 86.99 6.24
28 80.98 87.14 6.16
29 81.09 87.26 6.17
30 81.25 87.32 6.07
令和元 81.41 87.45 6.04

年金制度ができたのは19594(制定、施行は19614)であるので、昭和34年のこと。

当時の寿命は男がだいたい65歳、女がだいたい70歳であるので、510年程度しか払わない予定だったのかもしれない(ずっと伸びて行っているのでそんな事無い気もするが、80を超えるとは思っていなかったのだろうか)

 

参考にすべき寿命

 

結論から書くと、男:88歳 or 84歳、女:92歳 or 90歳が参考すべき寿命である。

これは平成元年時点に参考すべき寿命なので、寿命の伸び率を考慮して使用いただきたい。

男性の寿命の伸び率は各年の数字を平均すると0.56%、最新の一年は0.04%(0.16)

女性の寿命の伸び率は各年の数字を平均すると0.56%、最新の一年は0.03%(0.13)だった。

※平均寿命を使わず最頻値・中央値を使ったのと同じ理由で平均伸び率を合わせるのは現実にそぐわないはずだ。表には5年ごとの平均寿命しかないので、最頻値・中央値を使うのも現実的ではない。出生率や景気指数なども考慮して係数を検討いただきたい。

※特に現在はコロナ禍であることから、平均寿命の低下が懸念される。コロナ影響を除外するなどの処置も検討いただきたい。

 

参考にすべき寿命の算出

平均値は運悪く若くして無くなった方や、ギネスに載るような長命の方などをひっくるめた値であるので現実に即していない事がよくある。

そのため、最も頻繁に出現する値(最頻値:よくなくなる年齢)や、丁度真ん中の値(中央値:死亡する年齢を順番に並び替えて丁度真ん中にある値)を使うのが良いと考えられる。

簡易生命表の中に令和元年簡易生命表(男)令和元年簡易生命表(女)という統計表があったので、以下にまとめた。

死亡率 生存者数 死亡者数 割合 死亡率 生存者数 死亡者数 割合
0 (年) 0.00199 99801 199 99.80100% 0.00178 99822 178 99.82200%
1 0.00027 99774.05 26.94627 99.77405% 0.00028 99794.05 27.95016 99.79405%
2 0.00019 99755.1 18.95707 99.75510% 0.0002 99774.09 19.95881 99.77409%
3 0.00014 99741.13 13.96571 99.74113% 0.00014 99760.12 13.96837 99.76012%
4 0.0001 99731.16 9.974113 99.73116% 0.0001 99750.15 9.976012 99.75015%
5 0.00008 99723.18 7.978493 99.72318% 0.00009 99741.17 8.977513 99.74117%
6 0.00008 99715.2 7.977854 99.71520% 0.00008 99733.19 7.979294 99.73319%
7 0.00008 99707.22 7.977216 99.70722% 0.00007 99726.21 6.981323 99.72621%
8 0.00008 99699.25 7.976578 99.69925% 0.00006 99720.22 5.983573 99.72022%
9 0.00008 99691.27 7.97594 99.69127% 0.00005 99715.24 4.986011 99.71524%
10 0.00007 99684.29 6.978389 99.68429% 0.00005 99710.25 4.985762 99.71025%
11 0.00008 99676.32 7.974743 99.67632% 0.00006 99704.27 5.982615 99.70427%
12 0.00008 99668.34 7.974105 99.66834% 0.00007 99697.29 6.979299 99.69729%
13 0.0001 99658.38 9.966834 99.65838% 0.00008 99689.32 7.975783 99.68932%
14 0.00012 99646.42 11.95901 99.64642% 0.0001 99679.35 9.968932 99.67935%
15 0.00015 99631.47 14.94696 99.63147% 0.00011 99668.38 10.96473 99.66838%
16 0.0002 99611.54 19.92629 99.61154% 0.00013 99655.42 12.95689 99.65542%
17 0.00026 99585.65 25.899 99.58565% 0.00014 99641.47 13.95176 99.64147%
18 0.00031 99554.77 30.87155 99.55477% 0.00016 99625.53 15.94264 99.62553%
19 0.00037 99517.94 36.83527 99.51794% 0.00018 99607.6 17.9326 99.60760%
20 0.00043 99475.15 42.79271 99.47515% 0.0002 99587.68 19.92152 99.58768%
21 0.00047 99428.39 46.75332 99.42839% 0.00021 99566.76 20.91341 99.56676%
22 0.00049 99379.67 48.71991 99.37967% 0.00022 99544.86 21.90469 99.54486%
23 0.00048 99331.97 47.70224 99.33197% 0.00022 99522.96 21.89987 99.52296%
24 0.00046 99286.28 45.69271 99.28628% 0.00022 99501.06 21.89505 99.50106%
25 0.00043 99243.58 42.6931 99.24358% 0.00022 99479.17 21.89023 99.47917%
26 0.00043 99200.91 42.67474 99.20091% 0.00023 99456.29 22.88021 99.45629%
27 0.00045 99156.27 44.64041 99.15627% 0.00024 99432.42 23.86951 99.43242%
28 0.00048 99108.67 47.59501 99.10867% 0.00025 99407.57 24.85811 99.40757%
29 0.00052 99057.14 51.53651 99.05714% 0.00025 99382.71 24.85189 99.38271%
30 0.00055 99002.66 54.48143 99.00266% 0.00027 99355.88 26.83333 99.35588%
31 0.00057 98946.22 56.43151 98.94622% 0.00029 99327.07 28.81321 99.32707%
32 0.00058 98888.84 57.38881 98.88884% 0.00031 99296.28 30.79139 99.29628%
33 0.0006 98829.5 59.3333 98.82950% 0.00034 99262.51 33.76073 99.26251%
34 0.00062 98768.23 61.27429 98.76823% 0.00037 99225.79 36.72713 99.22579%
35 0.00066 98703.04 65.18703 98.70304% 0.0004 99186.1 39.69032 99.18610%
36 0.00069 98634.94 68.1051 98.63494% 0.00042 99144.44 41.65816 99.14444%
37 0.00075 98560.96 73.9762 98.56096% 0.00044 99100.82 43.62355 99.10082%
38 0.00082 98480.14 80.81999 98.48014% 0.00047 99054.24 46.57738 99.05424%
39 0.00089 98392.49 87.64732 98.39249% 0.00051 99003.72 50.51766 99.00372%
40 0.00095 98299.02 93.47287 98.29902% 0.00057 98947.29 56.43212 98.94729%
41 0.00101 98199.74 99.28201 98.19974% 0.00062 98885.94 61.34732 98.88594%
42 0.00109 98092.7 107.0377 98.09270% 0.00068 98818.7 67.24244 98.81870%
43 0.00118 97976.95 115.7494 97.97695% 0.00074 98745.57 73.12584 98.74557%
44 0.0013 97849.58 127.37 97.84958% 0.00081 98665.59 79.98391 98.66559%
45 0.00145 97707.7 141.8819 97.70770% 0.00089 98577.78 87.81237 98.57778%
46 0.00161 97550.39 157.3094 97.55039% 0.00099 98480.18 97.592 98.48018%
47 0.0018 97374.8 175.5907 97.37480% 0.0011 98371.86 108.3282 98.37186%
48 0.002 97180.05 194.7496 97.18005% 0.00121 98252.83 119.0299 98.25283%
49 0.00221 96965.28 214.7679 96.96528% 0.00133 98122.15 130.6763 98.12215%
50 0.00243 96729.66 235.6256 96.72966% 0.00144 97980.85 141.2959 97.98085%
51 0.00269 96469.45 260.2028 96.46945% 0.00155 97828.98 151.8703 97.82898%
52 0.00298 96181.97 287.479 96.18197% 0.00167 97665.61 163.3744 97.66561%
53 0.00327 95867.46 314.5151 95.86746% 0.00178 97491.76 173.8448 97.49176%
54 0.00359 95523.29 344.1642 95.52329% 0.00189 97307.51 184.2594 97.30751%
55 0.00395 95145.98 377.317 95.14598% 0.00202 97110.94 196.5612 97.11094%
56 0.00434 94733.04 412.9335 94.73304% 0.00219 96898.27 212.673 96.89827%
57 0.00478 94280.22 452.824 94.28022% 0.0024 96665.72 232.5559 96.66572%
58 0.0053 93780.54 499.6852 93.78054% 0.00261 96413.42 252.2975 96.41342%
59 0.00585 93231.92 548.6161 93.23192% 0.0028 96143.46 269.9576 96.14346%
60 0.00644 92631.51 600.4136 92.63151% 0.00298 95856.95 286.5075 95.85695%
61 0.00709 91974.75 656.7574 91.97475% 0.00317 95553.09 303.8665 95.55309%
62 0.00777 91260.1 714.6438 91.26010% 0.00339 95229.16 323.925 95.22916%
63 0.00852 90482.57 777.5361 90.48257% 0.00365 94881.57 347.5864 94.88157%
64 0.00936 89635.65 846.9168 89.63565% 0.00395 94506.79 374.7822 94.50679%
65 0.0103 88712.4 923.2472 88.71240% 0.0043 94100.41 406.3792 94.10041%
66 0.01138 87702.86 1009.547 87.70286% 0.00472 93656.26 444.154 93.65626%
67 0.01259 86598.68 1104.179 86.59868% 0.00519 93170.18 486.076 93.17018%
68 0.01395 85390.63 1208.052 85.39063% 0.0057 92639.11 531.07 92.63911%
69 0.01546 84070.49 1320.139 84.07049% 0.00629 92056.41 582.7 92.05641%
70 0.01694 82646.33 1424.154 82.64633% 0.00694 91417.54 638.8715 91.41754%
71 0.01844 81122.33 1523.998 81.12233% 0.0076 90722.77 694.7733 90.72277%
72 0.0201 79491.78 1630.559 79.49178% 0.00835 89965.23 757.5351 89.96523%
73 0.02204 77739.78 1751.999 77.73978% 0.00923 89134.85 830.3791 89.13485%
74 0.02432 75849.15 1890.631 75.84915% 0.01026 88220.33 914.5236 88.22033%
75 0.02684 73813.35 2035.791 73.81335% 0.0115 87205.8 1014.534 87.20580%
76 0.02953 71633.65 2179.708 71.63365% 0.01296 86075.61 1130.187 86.07561%
77 0.03229 69320.6 2313.05 69.32060% 0.01459 84819.77 1255.843 84.81977%
78 0.03562 66851.4 2469.2 66.85140% 0.01655 83416 1403.767 83.41600%
79 0.03984 64188.04 2663.36 64.18804% 0.01894 81836.1 1579.899 81.83610%
80 0.04493 61304.07 2883.968 61.30407% 0.02179 80052.89 1783.209 80.05289%
81 0.05072 58194.73 3109.342 58.19473% 0.02517 78037.96 2014.931 78.03796%
82 0.05711 54871.23 3323.501 54.87123% 0.02909 75767.84 2270.124 75.76784%
83 0.06419 51349.04 3522.184 51.34904% 0.03363 73219.76 2548.072 73.21976%
84 0.0723 47636.51 3712.536 47.63651% 0.03883 70376.64 2843.123 70.37664%
85 0.08179 43740.32 3896.19 43.74032% 0.04499 67210.4 3166.245 67.21040%
86 0.09269 39686.03 4054.29 39.68603% 0.05216 63704.7 3505.694 63.70470%
87 0.10497 35520.18 4165.842 35.52018% 0.0606 59844.2 3860.505 59.84420%
88 0.11835 31316.37 4203.814 31.31637% 0.07033 55635.35 4208.842 55.63535%
89 0.13221 27176.03 4140.337 27.17603% 0.08111 51122.77 4512.584 51.12277%
90 0.14537 23225.45 3950.58 23.22545% 0.09278 46379.6 4743.171 46.37960%
91 0.16073 19492.43 3733.027 19.49243% 0.10567 41478.67 4900.932 41.47867%
92 0.17747 16033.1 3459.321 16.03310% 0.12016 36494.59 4984.077 36.49459%
93 0.19568 12895.75 3137.358 12.89575% 0.13589 31535.34 4959.25 31.53534%
94 0.21544 10117.49 2778.26 10.11749% 0.15355 26693.09 4842.252 26.69309%
95 0.23682 7721.464 2396.023 7.72146% 0.17739 21958 4735.087 21.95800%
96 0.25989 5714.733 2006.731 5.71473% 0.20029 17560.03 4397.968 17.56003%
97 0.28471 4087.691 1627.042 4.08769% 0.22461 13615.87 3944.159 13.61587%
98 0.3113 2815.193 1272.498 2.81519% 0.25038 10206.73 3409.143 10.20673%
99 0.33969 1858.9 956.2929 1.85890% 0.2776 7373.343 2833.389 7.37334%
100 0.36985 1171.386 687.5142 1.17139% 0.30624 5115.331 2258.013 5.11533%
101 0.40176 700.7699 470.616 0.70077% 0.33629 3395.096 1720.235 3.39510%
102 0.43531 395.7177 305.0521 0.39572% 0.36768 2146.787 1248.309 2.14679%
103 0.47038 209.58 186.1377 0.20958% 0.40032 1287.385 859.4018 1.28739%
104 0.5068 103.3649 106.2152 0.10336% 0.43411 728.5185 558.8668 0.72852%
105 ~ 1 0 103.3649 0.00000% 1 0 728.5185 0.00000%

上記表によると、最頻値は男:88歳、女:92歳。

中央値は男:84歳、女90歳であることが分かる。

以下に再度平均寿命の表を載せる。

令和元年

81.41 87.45

平均寿命との乖離は以下の表と通りとなる。

最頻値 6.59 4.55
中央値 2.59 2.55

最頻値を参考にした場合、5.57年程度、中央値を参考にした場合、2.57年程度の誤差が生じることになる。

ギリギリのFIREを行う人には許容できない誤差かもしれない。

 

レンタルサーバー を XSERVER から乗り換えたい

 

そろそろXSERVERの契約期間満了が近づいてきたので、レンタルサーバを比較して、良いところがあったらそこに移動しようと思う。

ぶっちゃけると、XSERVER飽きたので移動したい気持ちがでかくなってきただけである。(もう5年くらいは使っていると思う)

レンタルサーバはSaaSなので、一応クラウド方面も調べることにする。

 

現在の構成

XSERVERX10プランを利用中。

プラン X10
初期費用 3,300円
月額費用 990円
ディスク容量 300GB

ページの表示速度

PageSpeed Insightsで計測した結果は以下。

モバイル

パソコン

Google Analyticsの行動->サイト速度->概要にある平均読み込み時間()の値

レンタルサーバ一覧

比較するために、とりあえずレンタルサーバーリストを作る。

wordpressが使いたいので、「レンタルサーバー wordpress」で検索したところ、以下が見つかった。

  • エックスサーバー(XSERVER)
  • ConoHa
  • ロリポップ!(LOLIPOP!)
  • mixHost
  • さくらレンタルサーバー
  • KAGOYA
  • カラフルボックス
  • お名前.com
  • コアサーバー
  • ヘテムル
  • スターサーバー
  • wpX Speed

それから一応SaaSなので、以下も含める。

  • Azure Web Apps
  • AWS Amazon Lightsail
  • GCP(Google Compute Engine)

各社の特徴

XSERVER

URLhttps://www.xserver.ne.jp/

運営は「エックスサーバー株式会社」。

設立2004123日。

同社沿革によると、20037月エックスサーバーの提供開始。(設立2004年なのに・・・?)

同サイト曰く、国内シェアNo.1(202011月時点、dataprovider.com調べ)

サーバ速度No.1(2020年2月14日~2020年2月20日、自社調べ。)

ブログを始めた当時(2015年くらいかな?)は、レンタルサーバと言えばXSERVERだよね、くらいの勢いで紹介記事が見つかったのは記憶にある。

人気が高いということは、それだけトラブルが出尽くして、解決するための情報も出そろっているということである。

また、サイトの描写速度も速いほうに分類されるようなので、充分に選択肢に入る。

ConoHa

URLhttps://www.conoha.jp/

運営はGMOインターネット株式会社(英語表記:GMO Internet, Inc.)

設立1991524日。

同社沿革によると、20137月に「ConoHa byGMO」提供開始。

201809月「ConoHa WING」提供開始。

同社サイトによると、国内で一番早い(20203月自社調べ)らしい。

XSERVER1ヶ月後の自社調べなので、ConoHaの方が早い可能性がある。

2018年くらいに調べた時には、新しい物好きの技術者に人気だった様に記憶している。

WordPressと検索して上位に出てくるようになったのは最近なので、情報量には期待できない。

当時人気だったのはVPSの方で、WINGはサービス開始前だったから当然だろう。

WINGはサービス開始からまだ2年半しか経っていない。

ロリポップ!

URLhttps://lolipop.jp/

運営は「GMOペパボ株式会社(英文表記:GMP Pepabo, Inc.)

GMOインターネット株式会社の子会社である。

設立は2003110

同社沿革によると、200111月に「ロリポップ!レンタルサーバー」提供開始。

同社サイトによると、レンタルサーバー国内シェアNo.1(2019年11月時点のHostAdvice.com調べ。 GMOペパボ株式会社の ホスティングサービス 「ロリポップ!」「ヘテムル」合算。)らしい。

合算はずるいと思う。

GMOグループで合算したら不動の一位になれそう。

ロリポップ!といったら、昔昔は安い遅いの代名詞だった記憶がある。

ぶっとびねっと(無料)と、安いロリポップ!どちらにするかみたいな会話をした記憶がある。

今はそれほど遅くない模様で、Webサイトも改良が加わっており、価格なりに使える両サービスのようだ。

mixHost

URLhttps://mixhost.jp/

運営は「アズポケット株式会社」

設立2016411日。

同社の歩みによると、20166月「mixhost」提供開始。

私が大嫌いな、とりあえずでかい画像が一番上に表示され、数秒で切り替わるサイトである。(アズポケット株式会社のWebサイトトップの話(https://www.azpocket.co.jp/))

ここは全く知らなかった。

同社サイトによると、WordPress90秒でスタートでき、HTTP/3に日本初対応。稼働率99.99%保証。のサービスであるらしい。

HTTP/3は存在を知らなかったが、2021/3/16時点でProposed Standardになっているので、まだ標準化されていない模様。

対応は早すぎる気がするが、対応できる技術力があるのが素晴らしい。

また、早くサービスインすることでその分知見が貯まるので良いと思う。

アダルトサイトOKが売りな模様。

アダルトNGXSERVERと同等のサーバをXSERVERより安く、かつ同じような速度で使用可能というのはメリットが多いと思う。

さくらのレンタルサーバー

URLhttps://www.sakura.ne.jp/

運営は「さくらインターネット株式会社(SAKURA internet Inc.)

設立1999817

同社の沿革によると、199612月「共用レンタルサーバサービス(さくらウェブ)」開始

20047月「さくらのレンタルサーバ」提供開始

さくらのレンタルサーバーと言えば、2019/12/12のこの記事「https://megalodon.jp/2019-1225-1156-39/https://qiita.com:443/unico/items/76499d1e20042d929aa1」が記憶に新しい。

これは専用サーバについての話だが、同じ会社のサービスであることを鑑みると、同様の対応をされる可能性が存在することを否めない。

この記事が誰かの手によって削除させられた事実と、その後実際にそのような問題があったとさくらインターネット株式会社がリリースしたことから、信頼度はマイナスである。

ここに移行はしないので、これ以上の調査はしないこととする。

KAGOYA

URLhttps://www.kagoya.jp/

運営は「カゴヤ・ジャパン株式会社」

設立1983922

同社の沿革によると、茶摘籠販売店から始まり、LPガス提供、ISP事業と色々手がけているようだ。

レンタルサーバー業務がいつ始まったのか沿革には見当たらなかった。

調べたところ、データセンターを所有しており、法人に人気があるようだ。

確かに法人にはデータセンターの所在と管理者と管理者への連絡方法・対応の有無などは重要なので人気があるのも納得できる。

この調査で初めて知ったが、評判はあまり悪くない。

しかしながら、www.kagoya.jpの反応が遅い。

mixHostも若干遅いように感じたが、ここは明確に遅い。

あまりにも遅いのでPageSpeed Insightsにかけたところ、以下だった。

モバイル

パソコン

トップページに画像を貼りすぎなんじゃないだろうか?

第一印象が微妙である。

カラフルボックス

URLhttps://www.colorfulbox.jp/

運営は「株式会社カラフルラボ(英字:ColorfulLab, Inc.)

設立2018123

同社サイトに沿革は見当たらなかった。

メニューが時間をかけて表示されたり、真ん中にでかい画像があったり、私が嫌いなサイトである。

日本に本社があるのにメニューが英語なのも意味が分からない。

i18nをするなら、日本語は日本語、英語は英語にして欲しい。

同社サイトによると、WordPressがとにかく速い。

HTTP/3に対応し、初心者も迷わずスタートできる「かんたん操作のコンパネ」「cPanel」を採用。

地域別の自動バックアップ(Azreuのリージョンみたいなもの)が標準搭載。

アダルトサイト可能とあった。

バックアップが冗長化されているのはとても良い。

お名前.com

URLhttps://www.onamae-server.com/

運営はConoHaと同じGMOインターネット株式会社(英語表記:GMO Internet, Inc.)

19999月にお名前.con(ドメイン事業)開始

レンタルサーバ事業の開始は見当たらない。

同社サイトによると、オールSSD RAID10構成、HTTP/2に完全対応、nginxを採用し、nginxのバックエンドにApache HTTP Server 2.4を使用。

容量300GBWordPressに最適。とあった。

ConoHaNo.1をとったからこちらは頑張っていないのだろうか?

お名前.comといったらドメインな気がする。

同じGMOでレンタルサーバ特化は他にあることから、第一感はここではない。

コアサーバー

URLhttps://www.coreserver.jp/

運営はGMOデジロック株式会社(英文:GMO DigiRock, Inc.)

設立20017

同社沿岸によると、20078月に「コアサーバー」開始。

19994月に米カリフォルニア設置の専用サーバーの再販を開始とあるので、海外から始まった会社のようだ。

というか、またGMOである。

何個同じサービスを提供すれば気が済むのだろうか・・・?

コアサーバーのトップページの色合いがロリポップ!に似ているのがちょっと面白い。

同社のサイトによると、転送量無制限、HTTP/3対応、複数の地域でバックアップするリージョン機能が売りのようだ。

バックアップが別の場所にあるのは魅力的であるのは言わずもがなであるが、GMO多すぎ感が凄い。

ロリポップ!以上、ConoHa未満な金額のようだ。

ヘテルム

URLhttps://heteml.jp/

運営は「GMOペパボ株式会社(英文表記:GMP Pepabo, Inc.)

ロリポップ!と同じである。

コアサーバーで充分だったのに、さらにGMOが出てきた。

選択と集中はどこに行ったのだろうか?

同じ会社内で同じ事業を立ち上げることによって、切磋琢磨する的な目的があるんだろうか?

同社サイトの特徴を見ると、これといって特筆すべき部分がない。

というか、ロリポップ!なりConoHaなりお名前.comなりを使えば良い気が・・・?

ロリポップ!の方ではシェア合算に使われていたので、たぶんロリポップ!の上位扱いなんだと思う。

スターサーバー

URLhttps://www.star.ne.jp/

運営は「ネットオウル株式会社」

設立2009324

会社情報の社名が画像なのは初めて見たかもしれない。

コピペさせたくないのだろうか?

同社サイトのトップでうたっているのは「ブロガー満足度No.1、月額たったの138(税込み)であった。(日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:20213月期_ブランドのイメージ調査)

WordPressが使える最安値プランがライト(220(税込み))であることから、確かに安い

ロリポップ!のWordPress対応の最安値が275(税込み)であるから最安値かもしれない。

容量も100GBあり、充分であるように見える。

ただし、WAF等は使えないようだ。

安い代わりにセキュリティが微妙なのかもしれない。

そこが妥協できるならありの可能性がある。

wpX Speed

URLhttps://www.wpx.ne.jp/

運営は「エックスサーバー株式会社」。XSERVERと同じです。

20132WordPress専用のレンタルサーバー&クラウドサービス「woX」の提供開始。

エックスサーバー株式会社のWordPress特化型のレンタルサーバーがこれ。

クラウド型と表記されている。

XSERVERで培った技術を使いチューニングした非常に高速なサービスのようだ。

同社サイトによると、WordPress表示速度国内No.1(2020720日、自社調べ)らしい。

機能一覧を見る感じ、XSERVERと同等の機能は使えそう。

WordPress専用なのでPythonとか使えませんし、PHP5系は使えず7系だけ。

また、料金体系がConoHaを意識したのか時間当たりいくらになっている。

初期費用は0円。

しかしながら、クラウド型をうたっている割にリージョン分けとかはないようだ。

Microsoft Azure Azure Web Apps

URLhttps://azure.microsoft.com/ja-jp/

運営はマイクロソフト。

設立19862

同社沿革によると、2010年「Microsoft Azureサービス」提供開始

AzureならVirtualMachine使えばだいたい何でもできるが、他がホスティングなのでAzure Web Appsを見る。

Azure Web AppsApp Serviceの中にある。

全部自分で構築しなければいけない代わりに、ハードウェア無しで自由自在にシステムを構築可能。

Web AppsStandardプランとMySQLを組み合わせた場合の月額は、

9,157.12 4,251.520 = 13,408.64

にネットワーク料などがかかる。

当然採用しない。

上記構成だとSLA99.4005%(99.95% * 99.99%)だったと思いますので、mixHost99.99%に負ける。

同じ稼働率にしいなら別リージョンに全く同じ構成の物を用意すれば良いので、故障率(0.005995*2=0.000035940025)1から引いて0.999964059975=99.9964059975%を確保できるが、当然ロードバランサーはないので微妙。

これでも27,000円程度かかる。

設定を別にしないと行けないことを含めると、ちょっと個人では無理だ。

AWS Amazon Lightsail

URLhttps://aws.amazon.com/jp/

運営は「Amazon Web Services, Inc.

設立20063

Amazon Web Services, Inc.Amazon.comの子会社。

親会社がそのまま運営しているのかと思ったら違った。

ただしこれはWikipedia情報。

AWSWebページで会社情報が見つけられなかった。

ページの一番下に書くべきだと思うが、これはサイトデザインなので仕方ないのかもしれない。

AWSは知らないので、WordPressを使えるサービスを検索したところ、Amazon LightsailWordPressインスタンスを起動して設定する。という記事が見つかったので参考にしようと思う。

ちらっと見てみたところ、3.5ドルのプランでデプロイできていたので、月額350円。

ついでに、Amazon Lightsail1ヶ月間750時間まで無料のようなので、1ヶ月だけは無料で試すことができる。

まあ、これもAzureと同じで色々調べて全部自分でやらないといけないので、全く安くないと思う。

GCP

URLhttps://console.cloud.google.com/

運営は「Google(グーグル・クラウド・ジャパン合同会社)

開始200847

GCPもよく知らないので、Google CloudでのWordPressというサイトを参考にすると、月額37.12USDで利用できそうだ。

使用するサービスは以下。

  • Click to Deploy WordPress
  • VMインスタンス:共有vCPUx1+メモリ2GB(e2-small)
  • 標準的な永続ディスク:10GB

これもたぶん最小限の構成なので、レンタルサーバ並の稼働率にすると料金が数倍に膨れ上がるはずだ。

やっとサービスの確認が終わった・・・

サービスの取捨選択

サービスの確認が終わったので、取捨選択して移行する。

まず、クラウドサービスは全部除外。私にセキュアなサーバを構築する知識はない。

あっても足りなさすぎて無理だ。

それにクラウドは失敗するとお金が溶ける。

クラウド破産だ。

クラウド破産事例集があったので見てみると良い(https://cloud-textbook.com/84/)

さくらのレンタルサーバーはQiitaの記事問題があるので除外。

続いて、KAGOYAはその会社のWebページ描写が遅かったから除外。

コアサーバーとヘテルムとお名前.comConoHaとロリポップ!を使えば良さそうだから除外。

スターサーバーはWAFが使えなかったから除外。

wpX Speedはドメイン更新料がなぜか高いので除外。

カラフルボックスは嫌いな構成のサイトだったので除外。

よって残ったのは以下。

  • エックスサーバー(XSERVER)
  • ConoHa
  • ロリポップ!(LOLIPOP!)
  • mixHost

上記4社だけを比較して行く。

各社の機能比較

4社の機能を比較した表を作成した。

行の中で最も優れているものの背景を緑に塗りつぶした。

一列で見た場合に、緑が多いほど優秀。

会社 XSERVER ConoHa ロリポップ! mixHost
プラン X10 ベーシック ハイスピード スタンダード
初期費用 3,300円 0円 0円 0円
月額費用 990円 828円 550円 968円
最低利用期間 なし なし なし 3ヶ月
永久無料ドメイン 期間限定
.com/.net/.org/.info/.biz/.blogのいずれか1つ
/com/.net/.xyz/.tokyo/.biz/.org/.click/.link/.pw/.shop/.blog/.club/.fun/.games/.online/.site/.speck/.tech/.websiteの中からいずれか一つ .com / .net / .info / .org / .xyz / .work /.tokyo / .shop / .mobi / .club / .biz / .me / .pro / .in.net / .okinawa / .cloud / .art / .nagoya / .blue /.yokohama / .link / .group / .jp.net / .dev / .company / .asia / .promo / .icu / .jpn.com / .pink /.ryukyu / .red / .in / .click / .page / .be / .us / .business / .pet / .top / .コム / .kim / .pictures /.vip / .futbol / .rocks なし
1年無料ドメイン .online / .space / .website / .site / .tech / .store / .osaka / .moe / .earth / .design / .ink / .wiki / .xyz / .group / .email / .live を種類ごとに一つずつ、最大で16個のドメインを無料で取得可能 .online/.space/.website/.tech/.site/.fun/.tokyo/.shopの中からいずれか一つ × なし
無料お試し期間 10日間 なし 10日間 なし
ディスクスペース SSD 300GB SSD 300GB SSD 320GB SSD 250GB
転送量課金 なし なし なし なし
転送量 900GB/日 27.0TB/月 600GB/日 18TB/月
SSL 無料独自SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
オプション独自SSL あり
Let’s Encrypt, CoreSSL, SecureCore, GeoTrustが利用可能
Let’s Encrypt, グローバルサインが利用可能 クイック認証 SSLが利用可能 独自SSL証明書が利用可能
データベース MySQL 利用可能。Ver5.7 利用可能 Ver5系 ×
MariaDB 利用可能。Ver10.5 × × 利用可能。10.3.x(10.2.x or 10.1.x, 10.0.xの場合もあり)
SQLite 利用可能 × 利用可能 ×
データベース容量 2GB/個 4.5GB/個 記載なし SSDの容量の範囲で自由。1DB辺りの制限なし。
URLアドレス 独自ドメイン利用可能 独自ドメイン利用可能 独自ドメイン利用可能 独自ドメイン利用可能
マルチドメイン 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能
サブドメイン 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能
サーバ nginx Apache + nginx LiteSpeed LiteSpeed
RAID構成 1+0 1+0 ユーザ領域:RAID5+0
システム領域:RAID1+0
1+0
サポート メールサポート 無料で利用可能 利用可能 利用可能 ×
電話サポート 無料で利用可能 利用可能 利用可能 ×
設定代行サポート 有料で利用可能 有料で利用可能 × ×
チャットサポート × 利用可能 利用可能 ×
オリジナルCGI Perl, Ruby, Python, PHP Perl, PHP, Python, Ruby Perl, Ruby, PHP, Python Perl
PHP 5系および7系が利用可能 5系および7系が利用可能 7系が利用可能 5系および7系が利用可能
Cron 利用可能 利用可能 1分間隔で10個まで利用可能 利用可能
SSI 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
簡単インストール WordPressやEC-CUBBE, PukiWiki WordPress WrodPress, ownCloud, baserCMS, EC-CUBE, Bootstrap Softaculousで色々なソフトをインストール可能。
WordPress, AbanteCart, PrestaShop, Joomla, phpBB, SMFが映っている画像はあった。
プラン変更 上位下位へのプラン変更が可能 上位下位へのプラン変更が可能 上位には変更可能。下位には変更不可能。 上位には変更可能。下位には変更不可能。
Webサイト高速化 高速化技術 Xアクセラレータ LiteSpeed LSAPI LiteSpeed LiteSpeed
HTTP/2 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能。QUICにも対応
FastCGI 利用可能 ×
LiteSpeed LSAPIの利用に寄り、FastCGIより20%高速。
× 利用可能
OPcache 利用可能 利用可能 × 利用可能
ブラウザキャッシュ設定 利用可能 利用可能 × ×
自動バックアップ Web/メールデータ:過去7日分
MySQL:過去14日分
Web/メール/データベースデータ:過去14日分 7世代バックアップ。
復元は有料。
14日分
WAF 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
アクセス解析 アクセス解析ツール 利用可能 利用可能 × 利用可能
アクセスログの取得 利用可能 利用可能 × 利用可能
エラーログの取得 利用可能 利用可能 × 利用可能
Webページアクセス制限 利用可能 ディレクトリ毎にパスワードによるアクセス制限(ベーシック認証)が可能 × 利用可能
SSH 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
.htaccess編集機能 編集利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
メールフォームの設置 利用可能 × × ×
Webフォント設定 33種利用可能 33種利用可能
WordPressの自動インストールならプラグインとして利用可能。
× ×
ads.txt 利用可能 利用可能 × ×
WordPress簡単インストール 利用可能 利用可能 利用可能 Softaculousで色々なソフトをインストール可能。
WordPress, AbanteCart, PrestaShop, Joomla, phpBB, SMFが映っている画像はあった。
WordPress簡単移行 利用可能(他社サーバからの自動移行可能) 利用可能(他社サーバからの自動移行可能) × 利用可能(事前にPCにダウンロードという案内あり)
ログイン試行回数制限 利用可能 利用可能 × ×
国外IPアドレスからのアクセス制限(ダッシュボード、XML-RPC、REST API) 利用可能 利用可能 利用可能 ×
大量コメント・トラックバック制限 利用可能 利用可能 利用可能 ×
国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限 利用可能 利用可能 利用可能 ×
FTP 利用可能 FTP/FTPS/SFTPを利用可能 利用可能 利用可能
サブFTPアカウントの追加 無制限に利用可能 無制限に利用可能 × 無制限に利用可能
FTPセキュリティ FTP over SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
FTP制限設定 利用可能 利用可能 × ×
ファイルマネージャ 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
メールアカウント 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能 無制限に利用可能
メーリングリスト 利用可能 利用可能 20利用可能 利用可能
メールマガジン 利用可能 ×(※1) 10利用可能 ×
SMTP-AUTH 利用可能 × × 利用可能
IMAP 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
メールセキュリティ アンチウィルス 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
スパムフィルター 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
POP over SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
SMTL over SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
IMAP over SSL 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
Webメール 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
メールボックス容量設定 利用可能 利用可能 メールアドレス毎に2GB固定 利用可能
メール転送 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能
メール自動返信 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能

※1: メールマガジンとメーリングリストの違いが不明だが、メールマガジン表記は無いので×とする。

 

全72項目ある。

 

それぞれの緑セル数は以下だった。

XSERVER : 52

ConoHa : 51

ロリポップ! : 34

mixHost:36

 

個人的にロリポップ!は安かろう悪かろうの印象があったのでもっとダメかと思っていたが、意外なほどに健闘している。

mixHostが思いのほか低スペックであった。

 

XSERVERとConoHaは殆ど同じである。

 

XSERVERとConoHa WINGの違いは

 

  • XSERVERは初期費用が必要
  • ConoHaの方が月額費用が安い
  • XSERVERはMySQLの他にMariaDBとSQLiteも使える
  • ConoHaはチャットサポートが使える
  • ConoHaの方がWeb/メールデータのバックアップ期間が7日間長い
  • XSERVERはメールフォームが設置できる
  • XSERVERはメールマガジンが発行できる
  • XSERVERはSMTP-AUTHが利用できる

くらいである。

 

メールマガジンとメーリングリストの明確な違いが分からなかったため、ConoHaではメールマガジン×としたが、メーリングリストで代用可能な事をするならどちらも○であるので、○の数が並ぶことになる。

また、SMTP-AUTHはConoHa側に「SMTP-AUTH ○」のような記載が無いから×にしたため実際にはできる可能性がある。

 

総評するとXSERVERとConoHaは殆ど違いが無い。

 

 

どれが良いか?

 

ConoHaに乗り換えようと思う。

 

XSERVERを使い続けても良いし、ConoHaに乗り換えても損はしない(元の機能のまま使える)と言うことが分かったのが大きい。

 

実は、XSERVERで更新しても「永久無料ドメイン」とかいうのがもらえないのにずっとモヤモヤしていた。

新規でアカウントを作って契約すればもらえるのかもしれないが、なんだか凄く面倒臭いし、凄く損している感じがする。

 

XSERVER 990円に対し、ConoHa WING 828円であり、移行すれば5,832円の節約にもなる(35,640 – 29,808)。

 

今回の調査で「WordPress簡単移行」という機能があることが分かったので活用しようと思う。

マニュアルを見る限り全く難しくない操作で移行ができるようなので、そんなに恐れる必要は無かったのかもしれない。

 

 

2021年5月末あたりに契約が切れるはずなので、GWを使って移管するようなスケジュールで行こうと思う。

 







オーシャンズイレブンの感想

今年の目標はアウトプットすることなので、とにかくなんでも出力していこうと思う。

オーシャンズ11(Oceann‘s eleven)は2001年12月7日公開のアメリカ映画。
主人公ダニー・オーシャン率いる11人の犯罪スペシャリスト集団が、ラスベガス三代カジノの金庫室にある1億6000万ドル以上の元気のを狙うケイパー映画(強盗映画)。
1960年公開の映画、「オーシャンと十一人の仲間」のリメイク。
主演はジョージ・クルーニー。(ブラットピットっは主演じゃないと思う。)
続編として2005年にオーシャンズ12、2007年にオーシャンズ13が製作され、2018年にオーシャンズ8が作成された。

 

で、肝心の感想は、

つまらなかった。

の一言。

まず、主人公が刑務所に入っていたというのが論外。
ただの犯罪者である。
刑務所から出所してやったことが、カジノの金庫破り(簡単に言うと窃盗だが、他人を傷つけていたから強盗)というのが意味がわからない。
やはり犯罪者はそもそも犯罪者であり、どんなに頑張っても更生できないと言うことを表現したかったのだろうか?
その後11という名の通り、仲間を10人集めるが、集まったメンバーからは自己中心的な人間ばかりである。
ぱっと見単なる子供の集団にしか見えなかった。
Wikipediaのあらすじによると彼らはプロフェッショナル集団らしい。
プロフェッショナルはなんか自己中だったり協調性がなかったりするというのが世間一般の認識だと思っているので、それを表現するしたかったのだろうか?
ちなみに仲間の1人として、セキュリティを熟知したメンバーが入るが、カジノのオーナーに一泡ふかせたいからとかそんな理由で加入していた。
セキュリティエンジニア(面白くなかったからあんまり覚えてないが)が犯罪に手を貸すというのはどうなのだろう?
総じてこの映画にはクズしか存在しない。
このやられそうになっているカジノのオーナーはカジノを運営するために人殺しも厭わないような表現をしている。
これが一般的な人のカジノに対する印象なのだとしたら直ちにカジノ運営は禁止したほうがいい。
儲かるのかもしれんないが、犯罪発生率増加による税金の浪費の方が多い気がしてならない。

最大のつまらないポイントは、主人公の元妻とかいう意味不明な女性の登場である。
主人公は自分が計画した重大な計画実行中に、元妻に接触しなんだかよくわからないが心揺れて仲間と口論することになっている。
この女性が要所要所で出てくるのが気持ち悪くて仕方ない。物語に存在しなくて良いと思う。
所謂ヒロインというやつだろか?
映画には必ず主人公と別の性別の人間が、主人公に大きな影響を与える役割として出てくるが、すごい無駄だと思う。
もしかしたらこれらが登場しないと話が作れないのかもしれないが、アメリカ映画の場合、なんだか突然出てきて、セックスしてというシーンを出したいだけな気がする。
この伝統はやめた方がいい。ただ気持ち悪い。そんなシーンはいらないから早く物語を進めてほしい。

そういえば、この文章を書いている間に気づいたのだが、2時間映画なのに内容が薄かった気がする。
最終的に強盗は成功したが、なんかすごい古い車でブラッドピッドが刑務所に入った主人公を、元妻を連れて迎えにきて終わっていた。
最後のシーンもいらない気がする。
結局捕まっているし・・・

この記事を書いている時点でで閲覧から30分しかたっていないのに、内容をほとんど覚えていない。
その時点で映画のつまらなさがよくわかるだろう。

個人的に映画はつまらないと思っている。
最も面白いのは小説で、次にアニメ、ドラマ、最後に映画の順だと思っている。
基本的に映像として表現するできないものの方が多いから活字が一番で、時間が長い方が楽しいからアニメやドラマが上。最後に全部をつめこで無理やり人間が演技をする実写の2時か映画という順番である。
アニメとドラマでアニメの方が上なのは、アニメは絵を描いて表現するので、現実に存在しない事象を簡単に表現できるから、ドラマより上にしている。
SFXとかが発達してきて映画やドラマも色々な表現が簡単にできるようになっているが、それはアニメでも同じ。
なんだか違和感のある動画もアニメならアニメだからで済ませられるが、映画やドラマは許容されない。

総評としては個人的にはオーシャンズイレブンは今更閲覧するに値しないということになる。

 

BIGLOBE モバイルの通信速度が壊滅的。転出を考えてみる。

ahamo, povo, LINEmoの影響なのだろうか?

 

BIGLOBE Mobileを使用しているが、2021/04/05 12:30からデータ取得ができなくなった。

「データが取得できなくなった」を具体的に言うと、何をしても通信でタイムアウトするようになり、RBB SPEED TEST起動時のデータ取得で「平均値データの取得に失敗しました」というエラーが出るようになった。簡単に言うと、測定できないほど遅いかゼロである。

当然ながら、ゲームは何もできず、Googleを表示しようとするのも失敗する。

1時間後の13:28にデータ取得できるようになった。

速度が遅いというのは許容できるが、速度が0というのは論外であるので、良い移動先がないかを検討する事にした。

現状のまとめ

新プランを探すにしても現状を把握しておかないと必要なプランが見つからないのでまとめておこうと思う。

現在のプランは以下。

会社名:BIGLOBE Mobile

プラン名:12ギガプラン + シェアSIM(音声) × 2 + ユニバーサル利用料9

料金は 12ギガプラン(2500) + 音声通話オプション(700) + シェアSIM(音声)(900) × 2 + 通話料

となる。

合計すると 5,000円 プラス通話料。

ちなみに12ギガプランは3,200円だが、請求書では2,500円と700円に分かれる。

分ける意味を感じないので分けないで欲しい・・・。

通常12ギガプランは3,400円だが、光回線を利用しているので、割引価格の3,200円になっている。

申請すれば12ギガプランが2,700円で利用できるようになるようなので、500円引きの4,500円が今のコストである。

先月の通信量は11ギガバイト程度だった。

私は在宅勤務ばかりだった事を考慮すると、12ギガくらいは欲しいところだ。

速度の比較

速度が遅いのが問題なので、今後は早くしていきたいと言うことで、速度に注目した比較をしていきたい。

朝や夕方に通信速度が0になるような現象は見ていないので、特に昼の時間帯の速度だけに注目していきたい。

「格安SIM 速度」で検索して、自分の環境と似たような速度を表示しているサイトをピックアップしたところ、以下のサイトが見つかった。

https://internet-kyokasho.com/kakuyasu-sim-speed/(【20214月】格安SIMの通信速度を実際に計測した結果)

これによると、BIGLOBEモバイルの昼の通信速度は0.51Mbpsである。

このサイト独自のスコアが645pt

会社を大きい順に並べると以下の順番になった。

ahamo 42293
日本通信SIM 40492
b-mobile 40492
povo 38682
LINEMO 37293
Ymobile 17919
OCNモバイル ONE 10353
楽天モバイル 9258
y.u mobile 8570
ロケットモバイル 8193
UQmobile 8098
mineo 7948
nuroモバイル 7147
HISモバイル 3605
イオンモバイル 2837
QTmobile 2494
DTI 2300
エキサイトモバイル 1980
LINEモバイル 1906
IIJmio 850
BIGLOBEモバイル 645
スマモバ 340
J:COMモバイル 320
NifMo 254
LIBMO 80

BIGLOBEモバイルは下から5番目。

ちょっと遅いのではないだろうか?

速度と料金のいいとこ取りで真ん中くらいを狙っていきたいところである。

会社の選定

ついでに会社名一覧を手に入れたので、この中から選んでいこうと思う。

昔昔使っていたのがdocomoの関係で、1つだけdocomo回線縛りのスマホを持っているので、使えるキャリア回線はdocomo一択である。

そのため、povo/LINEMO/楽天モバイル/Ymobile/Uqmobile/J:COMモバイルは除外される。

また、BIGLOBEモバイルよりポイントが低い回線(LIBMO,/NifMO/ J:COMモバイル/スマモバ)も除外する。

残った回線は以下。

  • ahamo
  • 日本通信SIM
  • b-mobile
  • y.uモバイル
  • OCNモバイルONE
  • DTI
  • mineo
  • イオンモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • ロケットモバイル
  • HISモバイル
  • エキサイトモバイル
  • LINEモバイル
  • Qtmobile

OCNモバイルONE10Gプランまで、DTIも同様に10GBまでしかなかったので除外する。

また、QTMobileは税込みであるのか税別であるのかが明確に記載されておらず、分かりにくいのでサイトを見るのをやめた。

上記を考慮した上で、それぞれの料金は以下の通りである。

会社名 容量 料金
ahamo 20GB 2,970円
日本通信SIM 20GB 2,178円
b-mobile 15GB 3,608円
y.uモバイル 20GB 4,378円
mineo 20GB 2,178円
イオンモバイル 12GB 2,178円
NifMo 13GB 3,850円
BIGLOBE Mobile 12GB 3,520円
IIJmio 12GB 3,586円
ロケットモバイル 20GB 5,137円
HTSモバイル 20GB 2,178円
エキサイトモバイル 12GB 1,980円
LINEモバイル 30GB 3,520円

ahamoが最大ptであるので、ahamo以上の金額の会社を選定する意味が無いため、2,970円より高いところは除外する。

ただし、3端末で12ギガ程度の利用である事を考慮し、シェア可能なIIJmioy.uモバイル、イオンモバイルは残す。

残ったのは以下。

会社名 容量 料金
ahamo 20GB 2,970円
日本通信SIM 20GB 2,178円
y.uモバイル 20GB 4,378円
mineo 20GB 2,178円
イオンモバイル 12GB 2,178円
BIGLOBE Mobile 12GB 3,520円
IIJmio 12GB 3,586円
HTSモバイル 20GB 2,178円
エキサイトモバイル 12GB 1,980円

3人で考慮した場合の金額をまとめると以下になる。

シェア可能なところはシェアし、シェアできないところは純粋に3倍した。

会社名 容量 料金
ahamo 20GB 8,910円
日本通信SIM 20GB 6,534円
y.uモバイル 20GB 5,478円
mineo 20GB 6,534円
イオンモバイル 12GB 3,388円
BIGLOBE Mobile 12GB 4,770円
IIJmio 12GB 3,586円
HTSモバイル 20GB 6,534円
エキサイトモバイル 12GB 5,940円

ahamoが最も高い。

BIGLOBEなら4,500円であることを考慮すると、倍である。

倍はちょっとということで、他のところを検討しよう。

金額も容量も分かったが、金額だけで選択するとイオンモバイルに決定することになる。

が、転送速度が遅いから変えたいというのが話の発端だったので、pt/DL速度/ping応答速度に注目していきたい。

以下の表はping応答速度の早い順に並べたものである。

会社名 容量 料金 pt DL速度 ping
日本通信SIM 20GB 6,534円 40492 58.60Mbps 38ms
y.uモバイル 20GB 5,478円 8570 10.92Mbps 40ms
mineo 20GB 6,534円 7948 11.40Mbps 44ms
エキサイトモバイル 12GB 5,940円 1980 23.20Mbps 55ms
BIGLOBE Mobile 12GB 4,770円 645 0.51Mbps 79ms
イオンモバイル 12GB 3,388円 2837 1.37Mbps 99ms
IIJmio 12GB 3,586円 850 1.00Mbps 101ms
HTSモバイル 20GB 6,534円 3605 6.20Mbps 253ms

pingが早いとレスポンスを得られるまでの時間が早くなるので、実際の速度以上に快適に使う事ができる。

ずっと大容量のデータを受信する動画視聴のような場合には速度が重要だが、Webブラウジングやゲームといった時にはping応答速度の方が重要だと思っている。

その点で見ると、イオンモバイル/IIJmio/HTSモバイルはBIGLOBEモバイルより遅いので落第である。

残るは日本通信SIMy.uモバイル、mineo、エキサイトモバイルであるが、mineo以外聞いた事が無い。

ここからさらに乗り換えするか決定するには上記4社についてよく知る必要がある。

各社について

日本通信SIM

WebサイトのURL(https://www.nihontsushin.com/)である。

企業情報を閲覧したところ、「日本通信株式会社」というページにたどり着いた。

wikipediaによると、

b-mobileをブランド展開している、略称JCI(j-com.co.jpというドメイン名からJ-COMと賞されることもある)

とあった。

ネットで調べるとb-mobileの情報ばかり出てくる。

b-mobileのお知らせを見ると、

20201225日に「990ジャストフィットSIM」から日本通信SIMへのサービス変更を開始しました。」

とある。

日本通信SIMサービスを開始したのがいつか分からないが、過去半年くらいしかお知らせが見つからない。

もしかしてできたばかりなのだろうか?

だとすると、MVNOはサービス開始してから時間が経つほど遅くなる(人が増える)のが一般的だと思っているので、すぐに加入するのはやめ、静観した方が良いかもしれない。

y.uモバイル

WebサイトのURL(https://www.yumobile.jp/)である。

商号がY.U-mobile 株式会社

設立が平成29125

Wikipediaによると、

ヤマダ電機とU-NEXTの合弁会社として2,017年に設立される。

とあった。

シェアプランにU-NEXTが付いている理由が分かった。

日本通信SIMよりは長いが、できたばかりの会社といっても過言ではないと思う。

できたばかりのところはすぐなくなってしまうかもしれないので、暫く様子見だろうか。

mineo

WebサイトのURL(https://mineo.jp/)である。

社名が株式会社オプテージ

設立1,98842

従業員数2,605名。

Wikipediaによると、

関西電力系列の大手電気通信事業者

とあった。

mineoMVNOの最初期からあったように記憶している。

また、当時からMVNOの中では早いほうで安い方だった印象もあるので、良いかもしれない。

エキサイトモバイル

WebサイトのURL(https://bb.excite.co.jp/exmb/sim/)である。

社名がエキサイト株式会社(Excite Japan Co., Ltd.)

設立が19978

ここも老舗に分類されると思う。

というかエキサイト翻訳というのは有名だと思う。

今でこそGoogleに負けているが、昔はたまに使っていた。

しかしながら、なんだか昔酷いサービスを運営していたような記憶があるので、あんまり関わりたくないのも事実。

さてどれにしようか

さて、ここまでで色々調べてきたが、実際にどうするのか決めたい。

ちなみに、何も考えないでahamoにしてしまえばたぶん不満無く使えると思う。

が、お金は有限なのでできるだけ節約したいところである。

今のところ残っているのは以下の5社。

会社名 容量 料金 pt DL速度 ping
日本通信SIM 20GB 6,534円 40492 58.60Mbps 38ms
y.uモバイル 20GB 5,478円 8570 10.92Mbps 40ms
mineo 20GB 6,534円 7948 11.40Mbps 44ms
エキサイトモバイル 12GB 5,940円 1980 23.20Mbps 55ms
BIGLOBE Mobile 12GB 4,770円 645 0.51Mbps 79ms

いずれの場合も、BIGLOBEモバイルから変更した場合、料金が上がることになる。

mineoは昔、docomoからMVNOに変更しようとした際に検討した先である。

当時は金額や信頼性が第一であった。

自宅の回線のプロバイダにBIGLOBEを採用しているので、BIGLOBEモバイルに軍配があがり、BIGLOBEモバイルに移行した訳だが、そのくらいの信頼性が欲しいところである。

ぱっと見た感じ、日本通信SIM/y.uモバイル/mineo/エキサイトモバイルのいずれにも魅力を感じない。

特に日本通信SIMは情報がなさ過ぎて怖い。

ahamo/povo/LINEmoの騒動もゴールデンウィーク明け位には一段落している気がするので、それまで保留とし、その辺りでも壊滅的な通信速度だった場合に改めて考えることにしたい。

というわけで、変更しないことにしたが、第1感では日本通信SIMに凄い魅力を感じた。

調べて居なければ日本通信SIMに変更していたと思う。

できたばかりとういのは怖いが、b-mobileで運用ノウハウがあるはずなので、本当に新興のMVNOほど不安定とは思えない。

人が少ないからか通信速度も速く、料金もそれなりである。

また、2,02141日以降MNP転出料が0円になると書いてあるので、初期手数料3,300円を払って気に食わなければ数ヶ月後に転出するという使い方もできそうだ。

なんだかんだ言って日本通信SIMに惹かれているのかもしれない。