Flask 最小サンプル 紹介ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Flask最小サンプル

Flask最小サンプルは、Flaskを動作させる上で必要な最小限のコードを含んだサンプルです。

実行方法はgithubの対象ページを参照にしてください。

コード全文は以下の通りです。

Flaskコードは1ファイル(app.py)だけで、12行しかありません。
1行目、3行目、11-12行目は共通である事を考えると、6-8行目だけが見るべきコードです。

@app.route(‘/’)はその下に定義しているhello_world()を呼び出すpathを指定します。
ブラウザでpathが’/’の場合に呼び出される定義です。
このコードを実行する場合、[http://localhost/]としてアクセスしますが、localhostの右にある[/]がpathに該当します。(正確には異なります。)
pathの詳細については、それだけで凄く時間がかかるので、別途[URL Living Standard 日本語訳、非公式文書]などを参考にしてください。

上記を実行した上で、ブラウザから[http://localhost:5000/]にアクセスすると、Hello World!と表示されます。
最近のブラウザはscheme(http://とかhttps://)が表示されていない場合が多いので、httpsでない事に注意してください。
httpsでアクセスした場合は表示されません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください